女子の気になる、やってみたい!をやってみた

女子の気になる、やってみたい!をやってみたブログ

このブログは美容やお仕事、恋愛など女子の気になるあれこれを、ネガティブ女子がポジティブになるため、実体験を元に自分磨きを頑張るブログです。

新しい仕事で人間関係のストレスを5ステップで無くす方法。

私、転職をしております。
新卒から約1年半という短さで笑
別に人間関係が原因とかでは全くありません。

ですが、転職理由で一番多いのは人間関係て、よく耳にしますよね。

ここでは、人間関係を1から始める場合に失敗しない方法のご紹介をします。シュチュエーションとしては「転職した会社での新しい人間関係」です。特にまだ年齢が若く歳上との関わりが多い場合です。いわゆる下っ端てやつです。年上が多い方が気を使ったり色々とめんどくさいことが多く、気苦労するので、下っ端が上の人と上手にコミュニケーション取れるよう、参考になればと思います。

せっかく受かった自分の納得した新しい会社で、人間関係で、また辞めるなんてこと絶対にしたくないですよね??そんなもったいないことだめです。

一度こじれた人間関係をまたリセットするのは、なかなか難しいこと。

そうならないように未然に防ぐ方法を今回はご紹介します。

仕事で人間関係にストレスを感じるどころか味方につけて、自分を生きやすくする方法を一緒に考えよう。

f:id:uozowi:20180624094547j:plain
仕事で人間関係のストレスなんて抱えてたら、損です!仕事には他に抱えるものが沢山あります笑
人間関係のおかげで、そのストレスが解消されることだってあります。
だからこそ、人間関係でストレスを抱えてる場合じゃないんです!
仕事は、お金を稼いだり、生き甲斐を感じたり、色んなことができるところです。
人間関係に邪魔されちゃ困ります。また、人間関係で仕事が上手くいくことも沢山あります。人間関係は味方につけて損することはないんです。

まずは挨拶で、自分の存在をそっとアピール

することは挨拶だけでいいんです!
挨拶+気の利いたこと、言わなくていいんです。
挨拶だけでいいんです。シンプルに、「おはようございます。」「お疲れ様でした。」だけ!

自分がこの会社に入社したよ!という自分の存在があることを周りに気づかせる。
それだけです。
急に知らない環境で、自分からグイグイ人間関係を作るなんて、ハードル高いです。
なので、とりあえずは存在だけを知ってもらいましょう。
気の利いた人は、挨拶をしたら声をかけてくれることもあるので、会話はそういうところからでOKです。

相手の会社での地位、キャラ、人柄を観察しまくる。

地位、キャラ、人柄と言いましたが、これだけに限らず、「どんな話が好きか。」、「何に興味があるのか。」、「自分に対してどんな態度をとってくるのか。」など、とにかく観察です。

まぁ「相手の顔を伺う」と同じようなことかもしれませんが、良い意味で「相手の顔を伺う」です!

まず、相手を攻略するには相手のことをよく知らなければ攻略できません。下調べです。

ちなみに相手調査中のこの間は、自分はつまらないですし、ストレス。相手からもつまらないやつだと思われます。相手の出方を見るわけですから、個性もないし、発言も制限される、自分らしさの欠片もありません。ですから、相手の自分に対しての印象もまだ強く残っていない状態と考えましょう。

相手の観察ができたら、次は相手の求めそうな発言や行動をすることで相手との調和を図ろう。

相手の観察を十分にしているのであれば、相手がどんな人なのか大体見えてくるはず。

目の前の相手は、プライドが高いのか、せっかちなのか、人見知りなのか、ネチネチしているのか、短気なのかetc. .色々わかってくるはず。

中々一人一人に対応するのって難しいと思います。それに疲れちゃいます。でも、一から十まで完璧にやらなくてもいいので、少しだけ目の前の相手に対して、注意して対応してみてください。
最初だけでいいので、最初だけ自分のできる範囲で一人一人の観察結果を元に行動してみて下さい。

例えば、この人は私の上司、プライドが高いけど、本当は寂しがりや。仕事が好き。野球が好き。娘が3人いる。
まで分かっていたとして、仕事好きの部分なら、同じ職場なので共通点があるはずです。初めての職場の分からないことを質問をして、上司の相手をするのは無難ですね。まず、寂しがりやなので声をかけられることだけでも嬉しいはず。仕事の話なら、盛り上がりやすいし、プライドが高いので、ここで頼ってるような感じも見せられれば、さらにグッドですね。
野球好きや娘のことは話してもいいですが、自分がそんなに野球を知らない場合、その話題で振っても話についていけなくなったらちょっと気まずくなるし、娘のことはプライベートなことなので初期段階ではハードルが高いかもしれませんね。
ただ、逆に最初の段階でプライベートのことを話すことによって早く打ち解けることができる場合もあります。初期段階ではプライベートNGな人もいるので、私は中々そこまで踏み切った話はできませんが、、あと、私自身が自分のことをさらけ出すのが恥ずかしがり屋で苦手という理由もあります。

ここまではちょっとあなたにとってつまらないかもしれません。なぜかというと相手様様というか、相手に合わせっぱなしだからです。いくら相手と調和がとれて、相手の気分を良くさせられたとしても自分自身はつまらないですよね。相手に全てを合わせたら、嫌われにくいだろうけど、自分がストレスですよね。ここまでは消極的な人間関係の作り方です。
でも、一旦はこれでいいんです。とりあえずは。ひと作業終了と言ったところです。
地盤はしっかり固めておかなければいけません。後々あなたを過ごしやすくさせてくれるからです。

相手に合わせるだけではダメ!相手の求める自分になろう。

相手に合わせることで、まずは嫌われないというスタートを切れたら、次はさらに踏み込んで、相手の求める自分になれたら、完璧です!
相手がこういった答えを求めているということを会話の中で、大体掴めるようになることが重要です。
ハードル高そうに見えますが、相手の観察をしっかりしていれば、できるようになることです。相手の性格や背景、好みなど情報量が増えるほど、相手の求める答えが分かってくるはずです。
例え情報量がまだまだ少なかったとしても、一旦自分に置き換えてみて、相手の気持ちを考えれば簡単にできることです。
お互いの環境や年齢、性格が似てれば似てるほど、簡単です。自分に置き換えるだけですからね。
ただ職場では色々な年齢、背景、性格の方がいるので、学生の時よりはもっとバラバラな人間関係になります。
だから、自分に置き換えるだけでは、感覚の違いや価値観の違いが生じ、間に合わないこともあるので、相手の観察をしっかりする必要があります。
そりゃ生きてる時代が違えば価値観も変わってきますよね。
ただ、仕事に関しては唯一共通なので、最初は仕事の話が簡単だと思います。相手との共通点を見つけて下さい。
そういうカテゴリから攻めていけば、観察が完璧にできていなかったとしても、相手の求める答えや行動ができるようになります。

相手のことをある程度理解でき、行動できたら、相手はあなたに心を開いていきます。
そうなった状態になれば、こっちのものです。
今までは、相手に心を開かせる為に頑張りました。次からは自分の個性も少しずつ見せていくことで、自分自身が楽になります。

相手の求める自分になれたら、自分の性格も相手に受け入れてもらい、会話に自分をプラスしていこう。

f:id:uozowi:20180624092614j:plain

自分ばかりはしんどい、ストレスですからね!
相手の信頼を獲得できたら、相手はあなたに知り合ったばかりの頃より、自由にさせてくれますし、疑いの目も持ちません。最初の地盤がしっかり作られていればいるほど、常にあなたに安定の信頼が寄せられます。

そこで、自分自身の発表会です。自分にしかできない会話をしていきます。会話にオリジナルを加えるということです。
ただし、少しずつです!
自分はこうしたい、ああしたい、これは得意、苦手など、仕事に関係してくることを少しずつ意見を言います。
今までは一方通行でしたが、これからは自分を相手に見せていって、理解してもらい、キャッチボールまで持っていきます。
このキャッチボールができるようになれば、あとは簡単になってくると思います。

単純に一方的にあっちの話とか意見を聞いて受け入れるだけだったものが、意見交換に替わるので、会話の自由度が上がっていきます。

相手の意見を聞きながらも、自分の意見も織り交ぜていくことで自分の個性を表現することができます。会話の中で自分を知ってもらうことができるのです。

そうなると、〜さんはこういうタイプだよね、とか理解しもらえるようになったり、自分と相手お互いの情報量が増えて、踏み込んだ会話ができるようになります。

お互いが、ただの職場の先輩後輩、上司と部下の上辺だけの会話をしていましたが、二人でしかできない深い会話ができるようになり、会話がストレスから楽しさへと変わります。ストレス発散までいけば、素晴らしいですね!

こうやって、沢山のステップを踏むことで、ストレスな人間関係も、自分の味方になってくれます。
歳を重ねるごとに複雑になっていくと思われがちな人間関係ですが、幼かった頃を思い出して下さい。友達って自然にできていましたよね。
人間関係は自分次第で変えられるし、実は単純なことの積み重ねです。

最後は自分が周りの人を好きになって、その人達へ積極的な気持ちを持ち、周りにも自分を愛してもらえるようになって下さい。その人達は自分にとって無くてはならない存在となります。
人間関係がストレスと思うところから始まって、それが無くてはならない人間関係に変化していくことは、本当に面白いと思います。

あなたも仕事で人間関係はストレスと思っているかもしれませんが、自分が過ごしやすい環境作りは、自分で作るんです。作ることができます。変えることができます。

人は一人では生きられませんし、人間関係に助けられます。感情があるからです。
もっと人間関係に積極的な気持ちを持ち、人間関係を自分の味方につけて下さい。

仕事は生活の多くの時間を占めています。
だからこそ、仕事での人間関係がストレスと思うよりも、仕事での人間関係がストレス発散になるように変えてください。
自分にとって、仕事での人間関係がストレス発散に変わった瞬間は最高です。世界が違って見えます。

この瞬間を何度も味わって、もっと人間関係を好きになって下さい。「好きこそものの上手なれ」です。

人間関係って、そんなに悪いものではないと知ってほしいです。